安易な節税は逆効果ですよ!

こんにちは、公認会計士・税理士の古澤です。

仕事柄、節税対策をするにはどうすればいいのか質問を受けるので、節税対策にまつわる話をしようと思います。
節税対策というと、期末前に今必要ではないけどいつか必要になるかもしれないものを買ったりして費用を増やせ!みたいなアドバイスをしている人がいます。(笑)結構いるんですよ!

この方法でも確かに税金は少なくなるのですが、それって本当に節税というのでしょうか?
実際どうなるか考えてみましょうか。

例えば、今期は利益が1,000万円になりそうなので、とりあえず費用になりそうなソフト300万円を購入したとします。
※便宜上300万は一括して費用に計上できるものとします。

・ソフトを購入した場合
利益700万円(1,000万円‐300万円) ×30%(税率) = 税金210万円

・ソフトを購入しなかった場合
利益1,000万円 ×30% = 税金300万円

確かに購入した場合のほうが90万円節税できています。

ただ待ってください。本当にそれでいいんですか?
確かに税金が減っていますが、現金は購入しなかった場合の方が残ってますよね?

・ソフトを購入した場合
▲300万円(ソフト代) + ▲210万円(税金) = ▲510万円

・ソフトを購入しなかった場合
▲0円(ソフト代) + ▲300万円(税金) = ▲300万円

210万円も現金が減ってしまっています。

しかも、期末に急いで費用を増やして、事業とは関係ないものが入っていたら、税務調査で否認されて追徴されるリスクもあります。また、必要な時に資金が足りなくなってしまう可能性もあります。

以前、個々のコラムでも黒字倒産のお話をしましたが、会社経営で重要なポイントの1つとして税額を減らすことではなく、お金(キャッシュ)をいかに上手く回していくかということがあるかと思います。
節税対策をするにも安易な対策ではなく、行う前に顧問税理士と相談してみたらいかがでしょうか?
弊事務所でもご相談に応じることが出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です