公認会計士・税理士」タグアーカイブ

節税について②~個人型確定拠出年金iDeCo~

↑トラのもんもサンタ仕様です。今年もおしまいですね。

公認会計士・税理士の国近宜裕です。

さて、今日は節税の続きです。
節税策として有効と考えられる個人型確定拠出年金iDeCoについてです。

最近よく耳にする個人型確定拠出年金iDeCoですが、自営業者はもちろん、サラリーマンでも所得控除が可能であり、節税ができる制度となっています。

基本的に使った方がお得かと思います。

所得控除と税額控除

まず、所得控除と税額控除について説明します。

所得控除は、所得の金額の計算上、一定の金額を控除するものです。
税額控除は、課税所得金額に税率を乗じて算出した所得税額から、一定の金額を控除するものです。

何言ってるんだかわかりませんね(笑)
簡単に言うと、所得控除は税額を計算する上での所得の金額を減らせるのに対し、
税額控除は税金自体の金額を減らすことができます。

税額控除の方がお得だ!程度でいいかと思います。
税額控除でなじみがあるのは住宅ローン控除でしょうか。

所得控除と税額控除の計算例

例えば、以下の状況だったとします。
(イメージ年収700-800万円程度の方)。

前提:給与所得500万円、所得税率最高20%

①何もしない場合の所得税
5,000,000円*20%-427,500円=572,500円

②iDeCoに月23,000円支払った場合の所得税
(5,000,000円-23,000円*12ヶ月)*20%-427,500円=517,300円

③税額控除100,000円
5,000,000円*20%-427,500円=572,500円
572,500円-100,000円=472,500円

③の税額控除のすごさが際立ちますね!

iDeCoのメリット・デメリット

iDeCoのメリットは言うまでもなく節税メリットですね。
ただ、デメリットもあり、原則60歳まで引き出せないというデメリットがあります。

節税メリットは魅力的ですが、原則60歳まで引き出せないというデメリットは中々大きいので、家計が厳しい方は無理してiDeCoに入らない方がいいかなとも思います。

60歳まで貯金をすると決めているなら、iDeCoに入った方がお得。
という感じでしょうか。
(ちなみに端折ってしまいましたが、受け取る時には退職所得or雑所得(年金控除有)がかかりますので。。)

今回はこんなところで。

税務上の時価①~非上場株式~

↑一段落したのでランチでお肉を食べてきました( `ー´)ノ

ご無沙汰しております。
公認会計士・税理士の国近宜裕です。

財務デューデリやら株価算定やら決算支援やら税務だとかのお仕事が一気に押し寄せ、
怒涛の2ヶ月を過ごしておりまして、、、やっと落ち着きました。

さて、今回は税務に携わる者を悩ます「時価」についてです。
税務の世界では、時価と乖離した取引を行うと思わぬ追徴課税を受けたりするので、
時価はいくらなのかという問題は常に頭に付きまとう問題です。

非上場株式の評価

ところで非上場会社の株式ってどのように評価すべきでしょうか?

スーパーで1個100円で売買されているリンゴの時価はきっと100円でしょう。
トヨタ株式のような上場株式の時価は・・・取引所で日々更新されており時価が把握できますよね。

例えば、個人間の取引であれば、非上場会社株式については財産評価についての基準があるため、基本的には当該基準に沿って評価します。
ただ、直近で取引事例があれば、当該取引価額を利用することも考えられますし、実情に応じて判断することとなります。

富裕層向けのコンサルティングで、財産評価の計算ロジックを利用した節税(租税回避?)スキームを組む方もいらっしゃいますね。
ただ、節税をすればするほど、税務当局から指摘されるリスクは高まるので個人的にはオススメできないですが。。

と、今回は総論まで。
次回は踏み込んで書けたらと思います。

節税について①~総論~

↑横浜の実家に帰った際に撮った写真です。みなとみらいは素敵で落ち着きますね。

今回はみんな気になる節税についてです。
最初なので、総論としました。

節税・租税回避・脱税の違い

そもそも節税を論じる前に、①節税、②租税回避、③脱税の違いを知っていますでしょうか。

簡単に言ってしまうと、①節税=セーフ、②租税回避=グレー、③脱税=アウト、です。簡単に言いすぎましたね笑。

もう少し丁寧に書くと、以下の通りです。

続きを読む

ホームページ工事しました!

↑ヘッダー画像(いま、地球の画像を設定しているところ)の候補でしたが、横長にするとよくわからない感じになったので不採用となりました。。

Excelでマクロの得意な古澤とホームページの作り方を1から勉強した国近でホームページを工事しました!
まだまだ直したい点はあるものの、基本的にはこんな感じでいいかなと思っています。

あとは右上の白い空きスペースに問い合わせ先でもつけようかと思います。
(コードを調べるのが意外と大変なんです。。笑)

独立当初は時間があったので自作してしまいましたが、
今後は他社さんに頼んでもいいかなというところです。
専門的なことは専門家に頼もう。というスタンスで!

ただ、ホームページを直したいときに好きに直せないのも中々不便なので、
勉強してよかったと思っています。

どんなことでも、知らないことを知れるのは中々楽しいですね( `ー´)ノ

ご案内〜税理士法人を設立しました~

HP上部の屋号が変わっているためお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
「税理士法人テュアス」を設立致しました。

法務局への登記申請自体は9月中旬に行ったのですが、先日登記が完了し、本日税理士協会への届け出を行いました。8月末の税理士登録から準備をしていたのですがようやく設立できました。

本日は、折角ですので既に事務所案内にも記載しているのですが、改めて税理士法人名称の由来をご紹介させていただきます。

「税理士法人テュアス(TUAS)」はドイツ語の「Tür」(扉)と日本語の「明日」(未来)を組み合わせて作った造語です。この名称には、「我々のサポートにより、経営者に安心して未来への扉を開いて欲しい」という願いが込められております。

今後、税務業務は「税理士法人テュアス」の方でお受け致します。

今後とも一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2017年9月
代表社員 古澤卓
代表社員 国近宜裕

 

若手会計士の独立事情③~動機~

↑上の食べ物は何だかわかりますか?・・・答えは何の捻りもなくティラミスです!
先日、仕事終わり気晴らしに食べに行きました~~。

先週、今週と業務繁忙が続きます。
色々なお話を下さる先輩方・周囲の方々に日々感謝です。
少しでも恩返しを出来るように頑張らなくては。

今回は前にも書きましたが若手会計士の独立についてかる~く書いてみます。
↓前回までのリンクを貼っておきます。
ちなみに→のカテゴリーでキャリアの話で抽出すればでてきますよ( `ー´)ノ

若手会計士の独立事情①~メリット・デメリット~

若手会計士の独立事情②~情報収集の仕方~

公認会計士の独立の動機

何故、独立するのでしょうか?

私は独立肯定派でも独立否定派でもありませんが、他人の独立の動機は気になります。
聞いてみると以下の動機が多いです。

続きを読む

税理士業界②~クラウド会計・ITツールによる問題解決の期待~

三田製麺所

↑どこのつけ麺だか分かります?・・・答えは三田製麺所でした!

こんにちは、公認会計士・税理士の国近宜裕です。
今日も若手公認会計士・税理士のブログをお読み頂きありがとうございます。

このブログ、検索しても記事タイトルで引っかからないのです。
調べたところ、ひたすら待つしかないようなので、気長に待つことにします。
画期的な解決法知っている方いたら教えてください!笑

(追記)とか言ってたら記事タイトルで引っかかるようになりました。
不思議ですね。。

税理士の減少と職員の確保難

さて、前回は税理士業界は50代以上が7割を占めていて、特に人口の少ない地方では自分に合う若手税理士を見つけることが難しくなっているとの話を書きました。
また、税理士受験生の数も年々減少しています。

続きを読む