会計事務所」タグアーカイブ

経営を数字から考える③~ビジネスモデル~

こんにちは、公認会計士・税理士の国近宜裕です。

今回も前回までの以下の記事の続きです。

経営を数字から考える①~損益分岐点~
経営を数字から考える②~固定費と変動費~

前回までは、収入にはフロービジネスやストックビジネスがあり、
損益分岐点は固定費と変動費率によって決まることを書きました。

では、実際にビジネスモデルをどのように構築していくべきなのでしょうか。
以下、独断と偏見で会計事務所の例を書いてみたいと思います。

①コンサル型

フロービジネスであるコンサル業務(※)を中心に行うビジネスモデル。

一般に時間単価は高く、損益分岐点を超えた場合、大きな利益を獲得することができる。
ただ、稼働が安定しないため、不況の影響を受けやすいため、ハイリスク・ハイリターンといえる。

※例えば、M&Aコンサル・上場(IPO)コンサル、経営コンサル、会計コンサル、内部統制コンサル等

②税務型

ストックビジネスである税務業務を中心に行うビジネスモデル。

一般に労働集約型のビジネスモデルといえ、損益分岐点を超える顧問を獲得するまで時間はかかるが、いったん損益分岐点を超えれば安定的に利益を獲得することができる。
また、稼働が見通せることが多く、不況にも強いビジネスモデルであり、ミドルリスク・ミドルリターンといえる。

③バランス型

①と②をバランスよく行うビジネスモデル。

コンサル業務を行っている公認会計士・税理士の事務所だと、よく見られるビジネスモデル。
税務業務で損益分岐点を達成し、余剰時間でコンサル業務を行っていくというビジネスモデルであり、個人的に目指したいビジネスモデル。
ローリスク・ミドルリターンといえる(?)
(「税務たいへん~」といっている会計士が多いような気がする・・・

以上、独断と偏見でまとめてみました。

個人的には③のバランス型を目指して、コンサルと税務を進めていきたいですが、
①コンサルや②税務に特化した方が、各業務の専門性は高まるので悩みどころではあります。

時には立ち止まってどう進んでいくか考えていきたいなと思う今日この頃でした。

ホームページ工事しました!

↑ヘッダー画像(いま、地球の画像を設定しているところ)の候補でしたが、横長にするとよくわからない感じになったので不採用となりました。。

Excelでマクロの得意な古澤とホームページの作り方を1から勉強した国近でホームページを工事しました!
まだまだ直したい点はあるものの、基本的にはこんな感じでいいかなと思っています。

あとは右上の白い空きスペースに問い合わせ先でもつけようかと思います。
(コードを調べるのが意外と大変なんです。。笑)

独立当初は時間があったので自作してしまいましたが、
今後は他社さんに頼んでもいいかなというところです。
専門的なことは専門家に頼もう。というスタンスで!

ただ、ホームページを直したいときに好きに直せないのも中々不便なので、
勉強してよかったと思っています。

どんなことでも、知らないことを知れるのは中々楽しいですね( `ー´)ノ

クラウド会計(freee・MFクラウド会計)による税務支援①~月額5,000円からの税務顧問~

↑先輩のお店のふなっしーです。ハワイアンです。

業務が一段落したので、ホームページを工事しようかと思います。
完全自作なのでコード書いてます笑

月額5,000円からの税務顧問

突然ですが新サービスはじめました。
クラウド会計をフルに活用した関東圏外全国対応の地方応援プランです!

税務業務

サービス 【関東圏外限定・個人&法人対応】*1 東京圏 *2
地方応援
プラン
スタンダード
プラン
ゴールド
プラン
スタンダード
プラン
ゴールド
プラン
プレミアム
プラン
税理士コストを削減
したい方向け
決算申告の契約が
必須とならないプラン
税務顧問
税務顧問
&記帳代行
税務顧問
&記帳代行
&経営支援
月額5,000~ 月額10,000~ 月額20,000~ 月額15,000~ 月額30,000~ 月額100,000~
税務相談 1,650円/10分
仕訳レビュー
決算申告 *3 ×
記帳代行 × × ×
業務効率化支援 × × ×
資金調達
支援
× × ×
訪問 ×
経営支援 × × × × ×

一番左の地方応援プランは既存の会計事務所には無いサービスと位置付けています。

①税理士の高齢化が進み、希望する税理士に頼めない
②税務コストが高いのにもかかわらず、何もしてくれない
③ITツール・クラウド会計が発達している昨今、紙ベースでのやり取りが発生している

というお客様の声に答えて作りました。

税務顧問料が安くても、決算申告が必須で結果的に高くついたり、使い勝手が悪かったりします。
また、高い税務顧問料を支払っているのにもかかわらず何もしてくれない、という声もよく聞きます。

当サービスはそのような声を受け、「地方応援」という趣旨から、決算申告が必須とならない関東圏外限定のプランです。

さらに、地方応援プランは個別の税務相談を従量課金制としており、
月額5,000円から税務顧問を受けられるという使い勝手の良さを実現しております。

クラウド会計でお客様と弊事務所でリアルタイムでデータを共有しているためコミュニケーションコストも不要となり、結果、効率化を図ることが期待できます。

是非、下記よりお気軽にお問合せください。

お問合せ

若手会計士の独立事情③~動機~

↑上の食べ物は何だかわかりますか?・・・答えは何の捻りもなくティラミスです!
先日、仕事終わり気晴らしに食べに行きました~~。

先週、今週と業務繁忙が続きます。
色々なお話を下さる先輩方・周囲の方々に日々感謝です。
少しでも恩返しを出来るように頑張らなくては。

今回は前にも書きましたが若手会計士の独立についてかる~く書いてみます。
↓前回までのリンクを貼っておきます。
ちなみに→のカテゴリーでキャリアの話で抽出すればでてきますよ( `ー´)ノ

若手会計士の独立事情①~メリット・デメリット~

若手会計士の独立事情②~情報収集の仕方~

公認会計士の独立の動機

何故、独立するのでしょうか?

私は独立肯定派でも独立否定派でもありませんが、他人の独立の動機は気になります。
聞いてみると以下の動機が多いです。

続きを読む

税理士業界②~クラウド会計・ITツールによる問題解決の期待~

三田製麺所

↑どこのつけ麺だか分かります?・・・答えは三田製麺所でした!

こんにちは、公認会計士・税理士の国近宜裕です。
今日も若手公認会計士・税理士のブログをお読み頂きありがとうございます。

このブログ、検索しても記事タイトルで引っかからないのです。
調べたところ、ひたすら待つしかないようなので、気長に待つことにします。
画期的な解決法知っている方いたら教えてください!笑

(追記)とか言ってたら記事タイトルで引っかかるようになりました。
不思議ですね。。

税理士の減少と職員の確保難

さて、前回は税理士業界は50代以上が7割を占めていて、特に人口の少ない地方では自分に合う若手税理士を見つけることが難しくなっているとの話を書きました。
また、税理士受験生の数も年々減少しています。

続きを読む

税理士業界①~年齢~

税理士業界

↑こちらの図表は何だか分かりますでしょうか。

こんにちは、公認会計士・税理士の国近宜裕です。
今日も若手公認会計士・税理士のブログをお読み頂きありがとうございます。
古澤が自己紹介するので真似しました( `ー´)ノ

ありがたいことに色々お仕事を頂き3連休も出勤です。。
体調に気を付けつつ頑張ります!

税理士の年齢分布

↑の図表は税理士の年齢分布となります。
(出所:日本税理士連合会 第6回税理士実態調査報告書より抜粋)。

平成26年1月1日時点の調査で、回答率43.8%です。
↓の人数は、100/43.8を乗じていないので、各自約2.5倍して考えてくださいね笑

まず、20代が187人しかいないということに驚き!
20代公認会計士はたくさんいるのに、20代税理士は少ないようです。

ちなみに187人のうち、開業20代税理士は29人、社員税理士は15人だそうです。

私は税理士法人の代表社員なので、15人のうちの1人になりますね。
若手の少なさも気になりますが、
50代以上が70%を占めており高齢化が進んでいることが分かりますね。

都市部では母数が大きい(=税理士がたくさんいる)のでまだ選択の自由がありますが、
地方だと中々、理想の税理士を探すことが大変と聞きます。

税理士業界に限らず、高齢化や地方の人口減少等、日本経済には色々とひずみが出てきています。
こういう現状を打破して、日本経済に貢献できないものかと最近は考えております。

開業致しました

ホームページにアクセス頂きましてありがとうございます。

大手監査法人出身の会計士により、虎ノ門にて開業致しました。
今までの業務経験を活かし、「クライアント第一のサービス」をご提供できるよう
一層の研鑽に励んでいく所存であります。

経営支援・ファイナンス支援・クラウド会計を活用した業務効率化を中心に、
「中小企業の付加価値を向上」させることで、日本経済活性化の一助になれば幸いです。

今後とも一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2017年7月
代表 国近宜裕
代表 古澤卓