バリュエーション」タグアーカイブ

バリュエーションのお話③-1~マルチプル法(類似会社比準法)~

肉塊UNO

↑とても美味しそうな赤身肉♪リッツ虎ノ門ビル1F「肉塊UNO」さんの1,000円ランチです。
今度色々と書きたいです。

8月は暇でしたが、お盆が明けたからか9月は忙しくなりそうです。

さて、以前書いたバリュエーションの記事についてですが、今回はマルチプル法にスポットをあてます。
↓前回まではこちら。
バリュエーションのお話①~必要性~
バリュエーションのお話②~方法~

①マーケット・アプローチ(←これは考え方)

マルチプル法は、①マーケット・アプローチという考え方に基づく評価方法です。

マーケット・アプローチは、株価や取引価額を基準にバリュエーションを行うアプローチです。
具体的な評価手法として、株式市価法・株価倍率法・類似会社比準法・類似取引比準法が該当します。
類似会社比準法や類似取引比準法はマルチプル法と呼ばれていたりもしますね。

では、マルチプル法では具体的にはどのように事業価値を評価するのでしょうか。
(ちなみに企業価値、事業価値、株主価値はすべて違う意味で使い分けられますが、
ひとまず説明は省略します。)

続きを読む

バリュエーションのお話②~方法~

前回(バリュエーションのお話①~必要性~)はM&A等、一定の場合にバリュエーションの必要性が出てくるぞ!
というところまで書きました。

では、実務ではどのような方法でバリュエーションを行うのでしょうか。
公認会計士試験やMBAやファイナンスの勉強をしたことのある方は、
ご存知かと思いますが、以下の3つの評価アプローチ(考え方)が用いられています。

①マーケット・アプローチ
②インカム・アプローチ
③コスト・アプローチ(ネットアセット・アプローチ)

これらアプローチが用いられるのは、対象企業毎に異なる側面に注目するからですね。
名前の通り、①はマーケット(市場)、②はインカム(収入)、③はコスト(原価)にそれぞれ着目するアプローチです。

続きを読む

バリュエーションのお話①~必要性~

先日、バリュエーション(株価評価)をする機会がありましたので、
バリュエーションについて書いてみます。

株価評価には、税務上の相続税評価額の算定だとか色々種類はありますが、
今回は、会計士が行うことの多い公正価値の算定(いわゆるバリュエーション)についての話を書きたいと思います。

監査法人では●●トランザクション、■■FAS(フィナンシャルアドバイザリー)というグループ会社がサービスを提供することが多いです。
会計士の行う財務デューデリジェンス(財務DD)もバリュエーションをするために前段の作業として行っていたりします。

●バリュエーションの必要性
そもそもバリュエーションが必要になる状況というのは、どのような状況でしょうか。

続きを読む