コンサルティング」タグアーカイブ

経営を数字から考える③~ビジネスモデル~

こんにちは、公認会計士・税理士の国近宜裕です。

今回も前回までの以下の記事の続きです。

経営を数字から考える①~損益分岐点~
経営を数字から考える②~固定費と変動費~

前回までは、収入にはフロービジネスやストックビジネスがあり、
損益分岐点は固定費と変動費率によって決まることを書きました。

では、実際にビジネスモデルをどのように構築していくべきなのでしょうか。
以下、独断と偏見で会計事務所の例を書いてみたいと思います。

①コンサル型

フロービジネスであるコンサル業務(※)を中心に行うビジネスモデル。

一般に時間単価は高く、損益分岐点を超えた場合、大きな利益を獲得することができる。
ただ、稼働が安定しないため、不況の影響を受けやすいため、ハイリスク・ハイリターンといえる。

※例えば、M&Aコンサル・上場(IPO)コンサル、経営コンサル、会計コンサル、内部統制コンサル等

②税務型

ストックビジネスである税務業務を中心に行うビジネスモデル。

一般に労働集約型のビジネスモデルといえ、損益分岐点を超える顧問を獲得するまで時間はかかるが、いったん損益分岐点を超えれば安定的に利益を獲得することができる。
また、稼働が見通せることが多く、不況にも強いビジネスモデルであり、ミドルリスク・ミドルリターンといえる。

③バランス型

①と②をバランスよく行うビジネスモデル。

コンサル業務を行っている公認会計士・税理士の事務所だと、よく見られるビジネスモデル。
税務業務で損益分岐点を達成し、余剰時間でコンサル業務を行っていくというビジネスモデルであり、個人的に目指したいビジネスモデル。
ローリスク・ミドルリターンといえる(?)
(「税務たいへん~」といっている会計士が多いような気がする・・・

以上、独断と偏見でまとめてみました。

個人的には③のバランス型を目指して、コンサルと税務を進めていきたいですが、
①コンサルや②税務に特化した方が、各業務の専門性は高まるので悩みどころではあります。

時には立ち止まってどう進んでいくか考えていきたいなと思う今日この頃でした。

資金繰りコンサルティング(アドバイザリー)

コンサルティング

資金繰りコンサルティング(アドバイザリー)とは

資金繰りコンサルティング(アドバイザリー)とは、企業の資金繰りに関する問題解決を支援するサービスです。

そもそも私(国近)が何故、資金繰りに関する支援に力を入れているかというと、
過去に祖父が新橋で事業をしていたものの、資金繰りが厳しくなって清算したということがあり、お客様には同じ悲劇を繰り返して欲しくないという思いが根底にあるからです。

私は当事者ではありませんでしたが、清算する経営者の精神的負担は計り知れないでしょう。

「晴れの日に傘を差し出して、雨になったら取り上げる」と銀行は揶揄されることもありますが、元銀行員の私でも全くその通りだと思っています。
(もちろん銀行もビジネスですし、金融庁の姿勢に左右されるので仕方ないところもあります。)

というように、資金繰りは中小企業にとって非常に重要な問題です。
黒字経営であっても、実際の現金の収入・支出のバランスを健全に保ち、キャッシュフローを改善していかないと、中長期的には安全性が低下するおそれがあります。

赤字の場合に資金繰りが厳しくなることは想像しやすいかと思いますが、
それ以外では、特に創業期など売上増加局面で、資金繰りの問題は発生します。

何故、黒字倒産が起きるのか

本業が赤字であれば、企業の資金繰りも厳しいものになることは想像しやすいかと思いますが、「黒字倒産」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

続きを読む