月別アーカイブ: 2017年8月

若手会計士の独立事情②~情報収集の仕方~

会計士のブログ

↑先日、横浜の実家に帰った時に撮りました。
一時期、ピカチュウ人気が落ち着いていたかと思いますが、最近また人気が出ているような。
ピカチュウからマーケティングを学びたいと思いました。

ブログは忙しいときは頻度は減らしても、極力1ヶ月以上の放置は無いようにしていきたいです。
今回は、若手会計士の独立事情の続きについて書いていきたいと思います。

若手会計士の独立というと、成功させる方法・人との繋がりの増やし方・営業の仕方・事務所は借りるべきか等々、細かい点含め気になる点があるかと思います。
成功させる方法は私が知りたいですが(笑)、今回は情報収集にスポットをあてました。

非会計士の方や監査法人勤務の方は、独立って実際どうなの?って感じで中々情報収集も難しいかと思います。
私自身、試行錯誤中ですが、ヒントをご提供できれば。

続きを読む

資金繰りコンサルティング(アドバイザリー)

コンサルティング

資金繰りコンサルティング(アドバイザリー)とは

資金繰りコンサルティング(アドバイザリー)とは、企業の資金繰りに関する問題解決を支援するサービスです。

そもそも私(国近)が何故、資金繰りに関する支援に力を入れているかというと、
過去に祖父が新橋で事業をしていたものの、資金繰りが厳しくなって清算したということがあり、お客様には同じ悲劇を繰り返して欲しくないという思いが根底にあるからです。

私は当事者ではありませんでしたが、清算する経営者の精神的負担は計り知れないでしょう。

「晴れの日に傘を差し出して、雨になったら取り上げる」と銀行は揶揄されることもありますが、元銀行員の私でも全くその通りだと思っています。
(もちろん銀行もビジネスですし、金融庁の姿勢に左右されるので仕方ないところもあります。)

というように、資金繰りは中小企業にとって非常に重要な問題です。
黒字経営であっても、実際の現金の収入・支出のバランスを健全に保ち、キャッシュフローを改善していかないと、中長期的には安全性が低下するおそれがあります。

赤字の場合に資金繰りが厳しくなることは想像しやすいかと思いますが、
それ以外では、特に創業期など売上増加局面で、資金繰りの問題は発生します。

何故、黒字倒産が起きるのか

本業が赤字であれば、企業の資金繰りも厳しいものになることは想像しやすいかと思いますが、「黒字倒産」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

続きを読む

クラウド会計(freee)の導入

虎ノ門ヒルズ

↑ご承知の通り虎ノ門ヒルズです。弊事務所は斜め前ですが、将来的に移転できると嬉しいですね。

今日はお客様に事務所に来て頂きクラウド会計(freee)の導入をしました。
経理事務を少しでも効率的に行いたいという方だったので、自然とこちらもモチベーションが上がります。

業務効率化という分野は、銀行での経理実務の経験や・大手監査法人の監査経験が活きますし、
会計事務所・お客様双方にとってプラスなので非常にやりがいを感じる分野です。

また、同じ士業の方だったので、業界トークや事務所展開の話も盛り上がりました。
普段は業務に追われがちですが、立ち止まって戦略的に考えることの必要性を再認識したそんな日曜日でした。

クラウド会計(freee・マネーフォワード(MFクラウド会計))の上場①

クラウド会計ソフトfreeeフリー

↑こっちはfreeeでした。本日はマネーフォワードのお話です。

<マネーフォワード 公式HPより>
東京証券取引所マザーズ市場への上場承認に関するお知らせ
https://corp.moneyforward.com/news/info/20170825-mf-press/

クラウド会計の2大巨頭のうちの1つ、マネーフォワードの上場承認がおりたと、昨日マネーフォワード公式HPでプレスリリースがありましたね。

現状、freeeとマネーフォワードはいずれも上場していませんが、
マネーフォワードが先に上場承認を得た形ですね。

クラウド会計はスモールビジネスには向くものの、
上場企業には向かないというイメージがありましたが、
これを機にイメージが変わるといいですね。

クラウド会計を無理に上場企業が導入する必要はないと思いますが、
上場を目指す企業でクラウド会計導入のハードルが下がれば、
今まで以上に経理事務の効率化が図れますし、日本経済にとってプラスかと思います。

ますます、クラウド会計の今後が楽しみですね。

若手会計士の独立事情①~メリット・デメリット~

study

↑3回スタバに行ったら店員さんに覚えられてました笑
いつもありがとうございます。

若手(20代~30代半ば)会計士のキャリア事情ってどんな感じでしょうか。
ここ何年かは監査法人→事業会社(経理)が多かったように思われますが、
感覚的に、直近では独立したい若手が増えているように感じます。

続きを読む

クラウド会計(freee・MFクラウド会計)導入による業務効率化

optimization

↑違い知ってました?私は知りませんでした。。
(綺麗に撮れてなくてすみません。)

さて、フードプロセッサーといえば料理の効率化(ちなみに最近買いました)。
効率化といえばクラウド会計。
クラウド会計といえばfreeeとマネーフォワード(MF)ですね。

続きを読む

バリュエーションのお話②~方法~

前回(バリュエーションのお話①~必要性~)はM&A等、一定の場合にバリュエーションの必要性が出てくるぞ!
というところまで書きました。

では、実務ではどのような方法でバリュエーションを行うのでしょうか。
公認会計士試験やMBAやファイナンスの勉強をしたことのある方は、
ご存知かと思いますが、以下の3つの評価アプローチ(考え方)が用いられています。

①マーケット・アプローチ
②インカム・アプローチ
③コスト・アプローチ(ネットアセット・アプローチ)

これらアプローチが用いられるのは、対象企業毎に異なる側面に注目するからですね。
名前の通り、①はマーケット(市場)、②はインカム(収入)、③はコスト(原価)にそれぞれ着目するアプローチです。

続きを読む