クラウド会計(freee・マネーフォワード(MFクラウド会計))のメリット・デメリット

弊事務所は少しでも中小企業の活性化を図りたいという思いから業務効率化を進めるべく、クラウド会計(freee・MFクラウド会計)を薦めております。
そもそも何でクラウド会計?何がいいの?という観点で今回は書きたいと思います。

クラウド会計の主なメリット

①ネットバンキング・クレジットカードと同期することにより仕訳の自動処理が可能
②仕訳ルールの学習による仕訳入力の省力化
③自計化の有無にかかわらず利益状況・資金収支をリアルタイムに把握可能
④会社・会計事務所間の情報共有が容易
⑤インストール不要で、常に最新の状態に保たれる
⑥PCだけではなく、スマホ・タブレットでの利用も容易

①②はクラウド会計(freee・MFクラウド会計)特有のメリットです。
インターネットバンキングとクレジットカードを設定してしまえば、データが自動取得されます。
そのため、従来通帳とにらめっこして行っていた入金確認等の事務が大幅に効率化できます。
③④⑤はクラウドであることのメリットですね。
③は損益管理・資金繰りに役立ちますし、④はコミュニケーションコストの削減が期待されます。

クラウド会計の主なデメリット

①難しそう
②仕訳の自動処理により間違いに気付かないまま、同じミスを繰り返すことがある
③ネット環境が無いと使えない
④通信が必要なため入力処理が相対的に重くなることがある

①②はクラウド会計(freee・MFクラウド会計)特有のデメリットです。
仕訳の設定を間違えた場合、同じミスが続いてしまいますね。
また、顧問税理士がいればレビューで修正されるので安心です。
(むしろ手入力よりも修正が容易です。)

③④はクラウドであることのデメリットですね。
ネット環境は必須です。④については、大規模な会社ですと仕訳数が多いため、重くなるかもしれません。ただ、私自身は今のところ気になりません。
(通常、大量のデータ処理はネット環境のあるところで行いますしね。)

インターネットバンキングやクレジットカードを利用している方や、
業務をとことん効率化して、日々の雑務から解放されたいという方は是非クラウド会計の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

----------------------------

弊事務所はクラウド会計の導入支援も行っております。
予算に合わせて柔軟に対応致しますので、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です